カテゴリー: 記事

包茎手術費用の支払い方法―保険・現金・クレジットカード

保険適用の場合は現金のみ

包茎手術は症状によって保険適用になる場合もあります。その条件が一般の診療をする病院での手術です。例えば泌尿器科などが該当して、病気や支障を改善する目的の場合で、プラスアルファの美容的な要素を含まない治療の場合です。さらにプラスの条件として、真性包茎の場合が該当することが多く、保険適用になるかを事前に医師に聞いておくと間違いがありません。保険適用になると支払い方法は現金のみです。これはクリニックの方針ではなく、法律の問題ですので全国どこでも保険料が伴う場合は現金で支払うことになります。
包茎手術とは言っても、保険が適用されると全額の負担は不必要なので費用は高額になりにくいです。しかも、保険の点数が決まっているので、全国どのクリニックでもほとんど同額の請求になります。包茎手術も状態によって支障が大きくなれば、保険で費用の軽減があります。現金だけなので、その場で支払わないといけないので、後払いは不可です。

自由診療なら支払い方法は多彩

もし、ワンランク上の治療をしたいなら美容的な要素も含んだ、専門クリニックがおすすめです。例えば機能とともに見た目も治療がわかりにくいように、高いスキルで包茎手術したり、アフターケアまで対応してくれるクリニックもあります。ただ、この場合は保険適用外になるので全額自費負担です。この時の費用はクリニックが自由に決められるので、同じ包茎手術の内容であっても料金は異なってきます。そのため、高額になることもありますから、費用の負担は大きいケースも出てきます。
クリニックでは費用の負担を軽減するために、現金支払いの他にもクレジットカードを利用できるようにしている場合も多いです。使えるカードのブランドは各クリニックで違いますが、カード決済なら後払いや分割も可能です。包茎手術代金とはカード会社には通知されず、医療代とクリニック名だけで済みます。その場で決済もすぐに済むので、面倒もないのがメリットです。

まとめ

包茎手術の料金は保険適用だと保険の点数によって一律で、現金のみでその場で支払うことになります。しかし、見た目や術後のケアまで考慮する自由診療だと高額になってきます。そこでクレジットカードを利用して支払う方法を用意しているクリニックが多いです。分割できたり、後払いになるので、今すぐはまとまったお金が手元にないという方でも、包茎手術に踏み切ることができます。事前に支払い方法を調べておくと、計画的な支払いができて安心です。

包茎手術の費用に内包される無料サービス・オプション

手術前や手術中の無料サービスやオプション

包茎手術を受けるとなれば気になるのは、必要となるトータル費用はどの程度かという点ではないでしょうか。今の時代ならインターネットを使えば簡単に料金を調べて比較することができますが、ホームページ上に掲載されている料金は基本料金であり、本当に包茎手術に必要となるトータル費用ではないケースもあるので気をつけましょう。一般的に包茎手術の費用に含まれており、無料となっているサービスは手術前にはカウンセリングなど相談料であり、手術時の麻酔代も含まれていることが大半です。
もちろん包茎手術を受ける時に必要になる費用に関しては、どの程度まで含まれているかクリニックが独自に定めていることを忘れないことが大切です。事前に確かめておかないと、後々支払いで頭を悩ませることになるので、含まれている無料サービスやオプションに注目しておき、充実している中から選択することを心がけることが大切となってきます。

手術後の無料サービスやオプションとは

トータル費用をチェックする時には包茎手術を受けた後のことまで視野に入れておくべきであり、アフターケアや保証の馬にも注目しておきましょう。包茎手術は受けたら終わりというわけでは無く、その後のアフターケアにより仕上がりに差が生まれる手術も珍しくありません。もちろん中には通院が不要といった手術もありますが、万が一何かトラブルが起きたり不安なことが発生したとなれば、相談に行くのは当然のことです。その際には無料で対応してもらえるのか、別途追加料金が発生してしまうのか確かめておく必要があります。
近年では包茎手術にはアフターケアや保証も込みの料金となっていることが多いですが、クリニックによりどの範囲まで無料で対応してくれるかに違いはあるので気をつけなくてはなりません。仕上がりに納得できなかった時に再手術を受けることがありますが、再手術に関しても無料で行なってもらえるのか確かめるべきです。

まとめ

包茎手術はデリケートであり繊細な内容だからこそ、手術を受ける費用内にどの範囲まで含まれているのかに注目しておく必要があります。カウンセリングや麻酔、アフターサポートや保証などどの範囲まで無料サービスに含まれているかはクリニックによる差が目立つ部分となってきます。基本料金が安くても、追加で発生する費用が高額になれば結局支払総額は高額になってしまうので、十分よく比較した上で納得できる先を選ぶようにしましょう。

吸収糸を使った包茎手術のメリットと料金目安

吸収糸を使った包茎手術の費用と主な特徴

包茎手術で吸収糸を使った場合、基本的に通院がいらないことが大きな特徴で、仕事が忙しくて指定された日に通院するのが難しい場合や遠方から通っているときに向いてます。切る範囲が狭い手術だとこの方法をおすすめすることも多いですが、溶けるまで平均4週間前後必要です。糸が付いている期間が長いほど締め付けも長く発生するため傷が落ち着くまでは時間がかかります。また、抜糸するタイプのナイロン糸と比べると太く、細いものにすると糸として役目を果たさない前に溶ける弊害が起きるため、一回り大きいです。傷が落ち着きやすいのはやはり細いほうで、傷の仕上がりだとナイロンの方が綺麗にはなりやすいです。
そして気になる吸収糸の包茎手術の費用ですが、抜糸が必要となる方法よりも少し高めになってます。ある病院では吸収糸の料金は包茎の種類問わず同じ料金で100,000円です。この金額は病院によって差がありますが、大体はこのくらいの費用がかかります。

抜糸式の包茎手術の費用と主な特徴

抜糸式の包茎手術のメリットは仕上がりが吸収糸よりも綺麗になることで、抜糸だと通常は2週間ぐらい経過した時です。つまり2週間程度で傷はくっつく状態になることで、吸収糸だと4週間程度かけて溶けていくので傷の治りの速度に対し、締め付けている期間が長くなるため傷が落ち着くまでは時間がかかります。ただ、抜糸式だともう一度病院へと通院する必要があります。普段、仕事などが多忙で2回目も休日が取りにくいときにはかなり手間がかかります。
最近は、吸収糸の包茎手術の方を勧めているクリニックが多くなっていて、これはやはり、2回も通院したくない方や、忙しくて行く時間が取れない方も多いためかもしれません。抜糸式の費用ですが、少し安くなり、ナイロン糸の環状切開術で72,000円ぐらいです。これも、クリニックによって金額が違ってきますが、吸収糸よりは安く抑えられます。そのため費用を出来るだけ抑えて、2回目の通院も問題ないならこちらが向いてます。

まとめ

包茎手術は、やはり恥ずかしい部位の手術でもあり出来れば1回だけで済ませたいと考える人が多いかもしれません。糸が溶けるまでに約4週間ほどかかりますが、抜糸のためにもう一度病院へと行く手間もなく時間もかからないので、普段から多忙な人には向いているといえます。費用は抜糸式と比べると2万円から3万円ぐらいはたかくなります。これもクリニックによって差があって、安価ところで10万円ていどです。どちらが自分に合っているかはライフスタイルなどを考慮して判断することが重要です。

ナイロン糸を使った包茎手術のメリットと料金目安

包茎手術を受けるための基礎知識

包茎手術に関しての説明をする前に、まずはしっかりと風景の違いを理解して、自分は一体どのような状況であり、どのような包茎手術が必要なのかと言ったことが判断できるようになっておきましょう。包茎の種類は真性包茎と仮性包茎という大きく分けて二つあります。仮性包茎というのが日本人にとても多い症状であり、平常時であれ勃起時であれ手で皮を剥くことはできるものの、その手を離すと元に戻ってしまうような状態です。
一方で真性包茎というものは、包皮の先が小さくなってしまっているため平常時であっても手を使って皮をむき亀頭を露出させることができる状態ではありません。常時包皮に覆われてしまっているために、聞こうなどがたまりやすいですし最近などが繁殖しやすく炎症を引き起こしてしまうなどといったこともありえ、早急な手術が必要であれたいことが言えます。人は生まれた時には真性包茎ではあるものの、思春期を経て成人になるまでに皮が剥けるようになっていき真性包茎の人の割合はわずか数パーセントにまで減ってしまいます。

ナイロン糸を使った包茎手術のメリットや費用

包茎手術を受ける時に重要になってくるのはその糸の違いです。溶ける糸溶けない糸のどちらにするかといったことが問題になってきており、なくなるタイプの場合は費用は2万円ほど高くなるという傾向がありますので、どちらかといえばナイロン糸を使った方が費用も安く傷は綺麗に仕上がると言う事もありますし、術後の検診などを考えて考えると抜歯あるの抜歯が必要になってくる溶けない糸の方がいいと言う事が言えます。
消える場合の特徴としてはゼリーのように溶けるのではなくぶつぶつちぎれる感じで脱落していとのが特徴で、その溶けていくときに炎症など起こしてしまうと言う前からしても溶けないいとを使ったものの、方が抜歯が必要になるとはいえ後は後の経過などが問題なく済ませられる傾向がありますし、費用などもかなり安くなる傾向があります費用は消えるタイプの方を高く設定しているような時もありますが、逆にナイロン系を高くしているクリニックなどもあるのでよく注意しておきましょう。安全面という面では溶けないいとのあるナイロンの方がおすすめです。

まとめ

以上今回はナイロン板を使った包茎手術には、どういったメリットがあるのかと言ったことや料金目安についてご説明してきました。やや料金は高額にはなりがちではありますが、ナイロン糸の場合は溶けない糸を使うため安全で確実に包茎手術が行えるといった傾向があります。溶ける糸などを使っているような場合では抜歯が必要ないといった点がメリットですが、溶けたところで炎症などが起きてしまうなどのリスクを伴う面もありますので、両者についてしっかりと医師の説明を受けた上でどっちの方が良いかを判断していきましょう。