多くの男性が悩む症状としては、包茎があげられますがこうした悩みも包茎手術をすることで解消できることがほとんどです。とはいえ、治療をするとなるとそれなりの費用も発生します。治療費が高くなると、手術は難しいと感じる人もあるかもしれません。ここからは、包茎手術では保険適用ができるのか、医療機関ごとに料金はかわるのかなどを考えていきます。さらに、手術代が高くなった場合は分割にも対応できるのかなど、費用の支払い方法などについても調べていきます。これから、包茎手術で悩みを解消したいと考える人はぜひ参考にしてください。

保険適用できる場合がある

男性の悩みのひとつに包茎があげられますが、そのために女性に積極的になれない、見た目のコンプレックスで悩んでいるという人もあるのではないでしょうか。こうした症状も自然に改善するのは難しいものがありますが、包茎手術をすることで多くの人がその悩みを解消しています。
手術とはいっても、短時間で行えることが多く、日帰り治療になることがほとんどです。男性専門のクリニックや泌尿器科などで治療を受けることができますので、まずは悩みを相談してみましょう。保険適用ができると治療費はかなり安く抑えることができますが、包茎でも保険適用される例とされない例があります。真性包茎やカントン包茎で医師が治療が必要だと判断した場合は、保険適用で治療を受けることができます。
まずは診察を受け、適用できる症例であるかどうかを見極めてもらいましょう。日本人男性は仮性包茎が多いとされていますが、そのような場合は保険適用はされず、自由診療となり治療費はすべて自費で支払うことになります。症状や選ぶ治療方法によっても治療費は変わってきますので、カウンセリングの際にはどのような治療が向いているのか、料金はどれぐらいになるのかをしっかりと確認しておきたいところです。

見た目の面で納得できな場合も

医師が治療が必要だと判断した場合は、保険適用で治療を受けることができますので、治療費の負担はかなり抑えることができます。とはいえ、保険適用の治療を選んだ場合は、見た目のことで納得ができない可能性もあるので、治療方法は慎重に選びたいところです。審美性が重視される治療ではなく、あくまで機能を回復させる治療ですので、包茎は治っても、傷が目立つなどで見た目に不満が出る場合もあります。
治療を受けたことが他の人に知られると、新たな悩みとなることも考えられますので、どのような仕上がりになるのかはしっかりと確認しておきましょう。それから、真性包茎などで、保険適用の治療を受けられる人も、自由診療の治療を選ぶことも可能です。すべて自費となりますので、治療費は高くなりますが、そのかわり、機能を回復させることはもちろん、見た目の美しさにもこだわった治療が提供されますので、仕上がりも良く、包茎手術を受けたことを他人に知られるリスクはかなり抑えられています。
自由診療の治療もクリニックごとに治療方法や料金は変わってきますので、それぞれのクリニックの治療方法や手術費用はしっかりと比較しておきましょう。治療を成功させるためには、医師の技術力の高さも重要となりますので、こちらもよく確かめておきたいところです。

支払い方法を確認しよう

包茎手術を申しこむ際には治療内容や総費用をしっかりと確認しておきましょう。治療は日帰りで行えることがほとんどですが、もしもの不具合に備えてアフターケアの良い医療機関を選んでおくと安心です。治療費は一括で支払えるのであれば、現金で支払うことができます。思いのほか高額な費用となった場合は、安い治療に選び直すこともできますが、無理のない支払方法を選んでおくと質の高い治療を選ぶことができます。多くのクリニックでは、現金一括だけではなく、クレジットカード払いや医療ローンに対応しています。クレジットカードの場合は、分割払いの回数も自由に選ぶことができますし、ボーナスやリボ払いなど好きな方法が選べるのもメリットです。特に難しい手続きもなく、多額の現金を用意する必要もありません。より低金利で支払いたいという場合は、医療ローンの利用も考えてみましょう。この場合は、審査もありますがクリニックの窓口でローンが用意されていることも多くなっていますので、相談してみてはいかがでしょうか。そのほかでは、キャッシングやフリーローンなどで治療費を用意するという方法もあります。支払い方法もクリニックごとに違いがありますので、カウンセリングの際はこちらも相談してみましょう。

まとめ

包茎の悩みも包茎手術で解消できることが多くなっていますが、治療費が気になるという人も少なくありません。真性包茎など、医師が治療を必要と判断した場合は保険適用できます。保険適用の治療を選ぶと治療費は安く済みますが、そのかわり、仕上がりの面で満足できない可能性もあります。見た目の良さにもこだわるのであれば、自由診療のより質の高い包茎手術を選ぶことも考えてみましょう。自由診療になると、治療費は高くなりがちですが、クレジットカードの分割払いや医療ローンを利用すれば無理のない範囲で支払うことができます。クリニックごとに支払い方法も違いますので、申し込む前にはよく確認しておきましょう。