吸収糸を使った包茎手術のメリットと料金目安

吸収糸を使った包茎手術の費用と主な特徴

包茎手術で吸収糸を使った場合、基本的に通院がいらないことが大きな特徴で、仕事が忙しくて指定された日に通院するのが難しい場合や遠方から通っているときに向いてます。切る範囲が狭い手術だとこの方法をおすすめすることも多いですが、溶けるまで平均4週間前後必要です。糸が付いている期間が長いほど締め付けも長く発生するため傷が落ち着くまでは時間がかかります。また、抜糸するタイプのナイロン糸と比べると太く、細いものにすると糸として役目を果たさない前に溶ける弊害が起きるため、一回り大きいです。傷が落ち着きやすいのはやはり細いほうで、傷の仕上がりだとナイロンの方が綺麗にはなりやすいです。
そして気になる吸収糸の包茎手術の費用ですが、抜糸が必要となる方法よりも少し高めになってます。ある病院では吸収糸の料金は包茎の種類問わず同じ料金で100,000円です。この金額は病院によって差がありますが、大体はこのくらいの費用がかかります。

抜糸式の包茎手術の費用と主な特徴

抜糸式の包茎手術のメリットは仕上がりが吸収糸よりも綺麗になることで、抜糸だと通常は2週間ぐらい経過した時です。つまり2週間程度で傷はくっつく状態になることで、吸収糸だと4週間程度かけて溶けていくので傷の治りの速度に対し、締め付けている期間が長くなるため傷が落ち着くまでは時間がかかります。ただ、抜糸式だともう一度病院へと通院する必要があります。普段、仕事などが多忙で2回目も休日が取りにくいときにはかなり手間がかかります。
最近は、吸収糸の包茎手術の方を勧めているクリニックが多くなっていて、これはやはり、2回も通院したくない方や、忙しくて行く時間が取れない方も多いためかもしれません。抜糸式の費用ですが、少し安くなり、ナイロン糸の環状切開術で72,000円ぐらいです。これも、クリニックによって金額が違ってきますが、吸収糸よりは安く抑えられます。そのため費用を出来るだけ抑えて、2回目の通院も問題ないならこちらが向いてます。

まとめ

包茎手術は、やはり恥ずかしい部位の手術でもあり出来れば1回だけで済ませたいと考える人が多いかもしれません。糸が溶けるまでに約4週間ほどかかりますが、抜糸のためにもう一度病院へと行く手間もなく時間もかからないので、普段から多忙な人には向いているといえます。費用は抜糸式と比べると2万円から3万円ぐらいはたかくなります。これもクリニックによって差があって、安価ところで10万円ていどです。どちらが自分に合っているかはライフスタイルなどを考慮して判断することが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です