ナイロン糸を使った包茎手術のメリットと料金目安

包茎手術を受けるための基礎知識

包茎手術に関しての説明をする前に、まずはしっかりと風景の違いを理解して、自分は一体どのような状況であり、どのような包茎手術が必要なのかと言ったことが判断できるようになっておきましょう。包茎の種類は真性包茎と仮性包茎という大きく分けて二つあります。仮性包茎というのが日本人にとても多い症状であり、平常時であれ勃起時であれ手で皮を剥くことはできるものの、その手を離すと元に戻ってしまうような状態です。
一方で真性包茎というものは、包皮の先が小さくなってしまっているため平常時であっても手を使って皮をむき亀頭を露出させることができる状態ではありません。常時包皮に覆われてしまっているために、聞こうなどがたまりやすいですし最近などが繁殖しやすく炎症を引き起こしてしまうなどといったこともありえ、早急な手術が必要であれたいことが言えます。人は生まれた時には真性包茎ではあるものの、思春期を経て成人になるまでに皮が剥けるようになっていき真性包茎の人の割合はわずか数パーセントにまで減ってしまいます。

ナイロン糸を使った包茎手術のメリットや費用

包茎手術を受ける時に重要になってくるのはその糸の違いです。溶ける糸溶けない糸のどちらにするかといったことが問題になってきており、なくなるタイプの場合は費用は2万円ほど高くなるという傾向がありますので、どちらかといえばナイロン糸を使った方が費用も安く傷は綺麗に仕上がると言う事もありますし、術後の検診などを考えて考えると抜歯あるの抜歯が必要になってくる溶けない糸の方がいいと言う事が言えます。
消える場合の特徴としてはゼリーのように溶けるのではなくぶつぶつちぎれる感じで脱落していとのが特徴で、その溶けていくときに炎症など起こしてしまうと言う前からしても溶けないいとを使ったものの、方が抜歯が必要になるとはいえ後は後の経過などが問題なく済ませられる傾向がありますし、費用などもかなり安くなる傾向があります費用は消えるタイプの方を高く設定しているような時もありますが、逆にナイロン系を高くしているクリニックなどもあるのでよく注意しておきましょう。安全面という面では溶けないいとのあるナイロンの方がおすすめです。

まとめ

以上今回はナイロン板を使った包茎手術には、どういったメリットがあるのかと言ったことや料金目安についてご説明してきました。やや料金は高額にはなりがちではありますが、ナイロン糸の場合は溶けない糸を使うため安全で確実に包茎手術が行えるといった傾向があります。溶ける糸などを使っているような場合では抜歯が必要ないといった点がメリットですが、溶けたところで炎症などが起きてしまうなどのリスクを伴う面もありますので、両者についてしっかりと医師の説明を受けた上でどっちの方が良いかを判断していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です