包茎手術費用の支払い方法―保険・現金・クレジットカード

保険適用の場合は現金のみ

包茎手術は症状によって保険適用になる場合もあります。その条件が一般の診療をする病院での手術です。例えば泌尿器科などが該当して、病気や支障を改善する目的の場合で、プラスアルファの美容的な要素を含まない治療の場合です。さらにプラスの条件として、真性包茎の場合が該当することが多く、保険適用になるかを事前に医師に聞いておくと間違いがありません。保険適用になると支払い方法は現金のみです。これはクリニックの方針ではなく、法律の問題ですので全国どこでも保険料が伴う場合は現金で支払うことになります。
包茎手術とは言っても、保険が適用されると全額の負担は不必要なので費用は高額になりにくいです。しかも、保険の点数が決まっているので、全国どのクリニックでもほとんど同額の請求になります。包茎手術も状態によって支障が大きくなれば、保険で費用の軽減があります。現金だけなので、その場で支払わないといけないので、後払いは不可です。

自由診療なら支払い方法は多彩

もし、ワンランク上の治療をしたいなら美容的な要素も含んだ、専門クリニックがおすすめです。例えば機能とともに見た目も治療がわかりにくいように、高いスキルで包茎手術したり、アフターケアまで対応してくれるクリニックもあります。ただ、この場合は保険適用外になるので全額自費負担です。この時の費用はクリニックが自由に決められるので、同じ包茎手術の内容であっても料金は異なってきます。そのため、高額になることもありますから、費用の負担は大きいケースも出てきます。
クリニックでは費用の負担を軽減するために、現金支払いの他にもクレジットカードを利用できるようにしている場合も多いです。使えるカードのブランドは各クリニックで違いますが、カード決済なら後払いや分割も可能です。包茎手術代金とはカード会社には通知されず、医療代とクリニック名だけで済みます。その場で決済もすぐに済むので、面倒もないのがメリットです。

まとめ

包茎手術の料金は保険適用だと保険の点数によって一律で、現金のみでその場で支払うことになります。しかし、見た目や術後のケアまで考慮する自由診療だと高額になってきます。そこでクレジットカードを利用して支払う方法を用意しているクリニックが多いです。分割できたり、後払いになるので、今すぐはまとまったお金が手元にないという方でも、包茎手術に踏み切ることができます。事前に支払い方法を調べておくと、計画的な支払いができて安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です